ほっとくつろぎ家ロゴ【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】

【テレワークの防音対策4選】今すぐ試したい防音グッズ

ほっとくつろぎ家

在宅勤務の防音対策は これがおすすめ!

新しい働き方が普及するにつれ、在宅勤務がますます一般的になっていますよね。でも一方で、自宅での仕事は、専門的なオフィス環境と比べると、さまざまな騒音と騒音に対する防音の悩みがでてきます。これらの悩みは、仕事の生産性を下げるだけでなく、プライバシーや快適性にも影響しますよね。今回の記事では、一般的な防音の悩みと在宅勤務やテレワークにぴったりの防音グッズについて紹介しますね。お役に立てると嬉しいです!
ほっとくつろぎ家

1.【超重要】在宅勤務の騒音対策

在宅勤務制度はコロナウイルスの影響以降、各会社が取り入れ始めました。総務省による調査によると、2020年4月に緊急事態宣言が発令された後、大企業は8割、中小企業でも5割がリモートワークやテレワーク、在宅勤務を導入したそうです。 参照:令和3年版 情報通信白書 「図表2-3-4-1 企業のテレワーク実施率」|総務省 ということは、 在宅で仕事するスタイルがより一般的になり、合わせて、住宅での在宅環境を整える必要がでてきました。

1.1. 在宅勤務は防音のコントロールが必須

コロナ以降、外出自粛期間があったことで、世の中の「音」に対する感じ方は少し敏感になっています。例えば、千葉県松戸市の一般社団法人地方自治研究機構が出したデータでは58.3%の人が何らかの形で「迷惑」または「気になる」と感じていました。

< 近隣からの迷惑と感じる音や気になる人の発生について>

ほっとくつろぎ家騒音と防音
自宅で過ごすことが多くなると、自宅の快適な音のコントロールは自分の家族に対してだけでなく、隣人にも気を配る必要がありますね!

1.2. 騒音は隣近所だけじゃない

在宅で仕事をしていると、日中の家でどんな音が出ているのかとてもよくわかります。 昼間なら、洗濯機や電子レンジ(チンという音)などの家電、家の外での工事の音などです。オフィスのように静かな場所で集中して仕事をしたいのに周りの気になる雑音に阻まれてイライラすることはよくあることです。 賃貸の子育て世代がたくさん住む地域なら、子供さんが走る音や、おもちゃを落とす音、子供の泣き声、洗濯機の振動など、自分の家だけでなく上の階や下の階にも騒音として響いていることがよくあります。 また周囲の音にイライラするだけでなく、あなた自身が出す音(WEB会議の音など)も周りに影響を及ぼしている可能性があります。

1.3. 在宅勤務で防いでおきたい音

先ほども書いたように在宅勤務では、あなた自身も仕事をしているだけで、騒音のもとになる可能性があります。特に賃貸の場合、壁一つで繋がっている隣近所との付き合いは良好に保ちたいですよね!

そんな時はまず!以下の項目をチェックしましょう!

 ー 大きめのBGMで聞いてない?
 ー オンライン商談や会議中の声は響いていない?
 ー プリンターの稼働する音は階下にもひびいているかも。

2. 音が響かない家とは?

2.1.【構造別】鉄筋コンクリートか 鉄骨 か 木造か

建物の防音として一番優秀なのは鉄筋コンクリートになります。マンション・アパートなどでも中高層の建物には鉄筋コンクリートが使われています。コンクリートが入っていると生活の音を防いでくれるので、騒音によるトラブルは少ないかもしれません。

 

一方で木造は防音性がありません。木造アパートなどでは、子供さんの足音やおもちゃの音などは「よりダイレクトに階下や隣に伝わる」でしょう。生活するにもあまり大きな声で喋ったり、家の中を走る場合は騒音として感じられるかもしれませんね。持ち家戸建て以外の木造建築は子育て世代にはなかなかストレスです。

鉄筋コンクリートと名前は似ていますが、鉄骨造というのもあります。木造よりは頑丈ですが、防音はあまり期待できません。同じ賃貸マンションでも鉄筋コンクリートに比べると「お隣の生活音がダイレクトに伝わる」「上の階の人のBGMの重低音が伝わる」などあれば、こちらの構造かもしれませんね。

2.2.窓にも注意!家の内外の音を遮断

防音の対策は、窓でも十分できます。外からの音も家の内側からの音も防いでくれ、さらに断熱効果も高まります。窓を通した騒音・防音を考えている方には、一石二鳥かもしれません。

\【窓の防音対策】特にこのようなお悩みの方におすすめ /

 車や電車の音が騒々しい
 工事現場の音が我慢できない
 家のテレビの音が気になっている
 赤ちゃんが泣く声が気になっている
 室内ペットの吠える声が気になっている

2.3. 在宅勤務中の子供の声

子供の声は、仕事を中断するには十分の威力を持っています。また、日中親が自宅にいることで、子供が気軽に声をかけてきてくれるのは嬉しい反面、仕事に十分集中できないなど困った一面もありますよね。 また、2021年に炎上したツイートの一つに「会社のウェブ会議に参加したところ、子供が騒ぐ声が聞こえて上司に注意された」という例があります。子供をのびのび育てたい親の一面を持ちつつも、一方で、重要な情報や決め事をする会議中は子供たちの声が入ってくるのはなるべく避けたいですよね。

前のブログでも紹介したように今は、様々な防音グッズがでてきていますので、一緒にみていきましょう。

防音には自分自身を音から守るだけでなく、周囲の家族、隣人への配慮にも繋がります。在宅勤務を中心に行う家ならば、十分備えておきたいですね!また、子育て世代は共働きも多いです。夫婦のどちらかがWEB会議にでたり、どちらも違うメンバーとWEB会議をしたり、とスタイルも様々です。

ここでは子育て世代ならではのすぐできる防音グッズを紹介していきますね!

3【防音グッズ】安心して仕事しよう!

前のブログでも紹介したように(ブログ11にリンク)今は、様々な防音グッズがでてきていますので、一緒にみていきましょう。

防音には自分自身を音から守るだけでなく、周囲の家族、隣人への配慮にも繋がります。在宅勤務を中心に行う家ならば、十分備えておきたいですね!また、子育て世代は共働きも多いです。夫婦のどちらかがWEB会議にでたり、どちらも違うメンバーとWEB会議をしたり、とスタイルも様々です。

ここでは子育て世代ならではのすぐできる防音グッズを紹介していきますね!

3.1. 自分の周りの防音対策!

1:吸音パネルを貼る

吸音と防音が一緒になった吸音パネルを紹介します。フェルト素材で、壁に貼るだけで音を吸収してくれます。相場はまず5,000円以内で試せるので、試してみてはいかがでしょうか?
ほっとくつろぎ家

3.2. 吸音パーテーションを置く

パーテーションなので、少し幅を取りますが、デスクの周りだけなら5,000円前後から手に入ります。簡易のデスクを作る意味では間仕切り代わりになり、インテリアとしても重宝しますね
ほっとくつろぎ家

3:防音カーテンをかける

一般的なカーテンとは違い特殊加工をした防音カーテンは、家の音が周囲に漏れるのを防いでくれます。ただ、外からの音を遮断しないのでここは気をつけましょう。一般的にカーテンには遮光性・断熱性など、他の機能も期待できますので、カーテンの新調を機に防音効果も高めたい方には防音カーテンもおすすめです!相場はピンからきりですが、安いものなら数千円から手に入るかと思います。

4:卓上防音ルームを設置する

仕事中は完全に防音したい!なら卓上の防音ルームを検討してみてください。数万円かかるものもありますが、WEB会議などを安全にやり遂げたい方にはいいですね。

3.2 自分自身の防音対策

会議中に子供の声が混じったり、夫婦共働きの在宅勤務でWEB会議が重なった場合、やはり排除したいのが「周囲の声」です。

その際は、ぜひノイズキャンセリングヘッドフォンを用意しましょう。ノイズキャンセルとは文字通り「雑音を排除」してくれます。WEB会議中に、相手の周りの声が入ってきたことはありませんか?このような「喋る人以外」の声も排除してくれる優れものです。一方で「喋る人の声はクリア」に相手に届けることができるので、大事な商談などのときには役に立ちますよね。相場は高いもので数万円しますが、その価値は十分あると思います。

ほっとくつろぎ家

4 まとめ

いかがでしたか?在宅勤務中の防音対策はこれからも必要になります。特に在宅勤務のスタイルを取り入れる会社が多くなっていること、子育て中の世代は在宅勤務を希望している人も多くいます。 これから必須の防音対策が整えられている家を作っていきたいですね。 ー この機に賃貸を卒業したい方、 ー もう一部屋を確保したい方、 ー 子育てをもっとのびのびさせたい方、 ぜひ、弊社へお問い合わせください。

もしこの投稿がお役に立てたら、
シェアしていただければ嬉しいです♪

Facebook
Twitter
Pinterest
Email
【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】ロゴ

お役立ち情報

今すぐ視聴

家族の新しい物語を作ろう

【関東圏 限定】

いま検討中の物件が
「100万円くらい」安くなるかも?

いま検討中の物件が
「100万円くらい」
安くなるかも?

©️ ほっとくつろぎ家 All Right Reserved 2023