ほっとくつろぎ家 ー戸建て住宅を買うためのヒントー

[2023年]新築住宅の補助金
ー使い方を大公開ー

はじめに:
新築の戸建て住宅を自分のマイホームにするってちょっとした憧れです。ピカピカの家に最新の設備をみたら、人生の大きな一歩だなって感じますよね!そんな新築住宅の購入をサポートするため、政府や自治体はさまざまな補助金や減税制度を提供しています。この記事では、新築住宅購入における補助金と減税について解説しますね。
あなたの新築戸建て購入のヒントになれば嬉しいです!

1:【2023年】新築戸建て購入は4つの補助金!

現在、新築戸建て購入には4つの補助金のどれかが使えます。

a.こどもエコ住まい支援事業
b.ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス実証事業
c.地域型住宅グリーン化事業
d.LCCM住宅整備推進事業
耳慣れない言葉もありますが、上手に使って、あなたの家族に合う素敵な新築を建てたいですよね!では、一つずつみていきましょう!

- a. こどもエコ住まい支援事業(最大100万円)

こちらは18歳以下のお子さん、または比較的若い世代の夫婦(39歳以下)にとってはとても価値のある補助金になります。これらの補助金によって、省エネ住宅を購入したり、省エネ住宅にリフォームするためにできた補助金制度です。つまり省エネ住宅を建てたい子育て(若者夫婦)世代ですね。
最近のエネルギー価格の高騰で、もっとも影響を受けやすいのが、活発なお子さんを持つご家庭だったりします。この補助金を利用して、安心して子育てできる家を建てたいですね!では、今回は新築の戸建てに条件を絞って、詳しくみていきましょう

表:ほっとくつろぎ家作成

* ZEHというのは、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略になります。どういう意味かというと、省エネ基準比20%以上かつ、再生可能エネルギーによって住宅の一次エネルギー収支ゼロを目指す住宅のことを指します

- b. ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)実証事業 (55−112万円)

子育て世代出なくても環境に優しい家を新しく買いたい人、建て替えたい人にはぴったりです。先ほど説明したZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を建築する!という、政府の方針ですが、簡単に言うと、家の特徴は3つです!
ー【断熱】高断熱の家にする
ー【省エネ】省エネ性能で省エネ率20%UP
ー【創エネ】エネルギーを太陽光発電で作る
これらを満たすことが大切です。補助金の内容はZEHのグレードで分かれます。 違いを理解することは少し時間がかかりますが、ZEHのグレードの内容をわかりやすく理解するために必要なポイントは2つです。 * 住宅の構造(建築部分)を整える(断熱) * 住宅の設備を整える(省エネと創エネ) この両方の機能のグレードが評価されてます。もちろんグレードをあげれば、補助金は高額ですが、その代わり設置費用もかかります。 ご自分の家庭にあった新築の設備を見つけられるといいですね。
省エネ・創エネの設備に関しては、実はとても細かく分類されています(下) 引用:一般社団法人 環境共創イニシアチブ「経済産業省及び環境省による戸建ZEH補助事業」
登録されているZEHビルダー/プランナーに相談しながら、次世代の家を補助金を使って賢く設計していけたらいいですね!このマークを探しましょう!(登録番号もチェック)

- c.地域型住宅グリーン化事業(80−105万円)

こちらは地域の中小工務店が立てる木造のZEHの家に対する補助金になります。木造建築に興味がある方はこちらの補助金を参考にしましょう!こちらは「地域の中小工務店が連携して、家を作る」ので地域を守ることに貢献することに対して補助が出ています。地域の木材を使うところから始まり、設計、建設、そして環境に優しい木造住宅を建てたいならこの補助金はとても魅力的ですね。
これはあくまで概略ですので、加算対象など、詳しいことはきちんと登録業者に聞きましょう。 次は、いよいよ政府が今、一番の目標に掲げているLCCMに関する補助金です。

- d. LCCM住宅整備推進事業

LCCM(エルシーシーエム)は「ライフ・サイクル・カーボン・マイナス住宅」のこと。現在のところ、最高級の環境に優しい住宅作りと言えますね!家の設備だけでなく、建設時から運用時、廃棄時において出来るだけ省CO2に取り組み、さらに太陽光発電などを利用した再生可能エネルギーを生み出しにより、住宅建設時のCO2排出量も含めライフサイクルを通じてのCO2の収支をマイナスにする住宅です。 この場合のライフサイクルとはいわゆる住宅の「生まれる前」から「建て壊すところ」までになります。全てにおいて、「エネルギー創出量>CO2排出量」となるので、住んでいる人によらず、家自体が生まれてから無くなるまでに、CO2を抑えたものになっています。
LCCMには認定基準があります。 LCCM住宅の要件 2つの要件のうち、いずれかを満たすことが必要です。
1:CASBEEの戸建評価認証制度に基づき認証された環境効率ランクがSまたはAであり、かつライフサイクルCO2ランクが緑☆☆☆☆☆(5つ星)である住宅 2:国が行うサステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)LCCM住宅部門において、補助金の交付を受けた住宅
参考:一般社団法人住宅・建築SDGs推進センター「LCCM住宅認定」
建築するハウスメーカー・工務店が手続きを行います。これらの要件について実際は購入者が理解する必要はありませんができる業者さんが限られているのも現状です。 LCCM住宅整備推進事業の補助金を利用することで、1戸あたり最大で140万円の補助が受けられます。ZEHの家とLCCMの家にはとても似たところがありますが、これらをピラミッドで表すと以下のイメージです。
未来を見据えた環境意識の高い子育て世代には、とても興味深い内容ではないでしょうか?子供たちが、育つ場所がクリーンで環境に優しい家になる!と想像すると、とても心が豊かになりますよね。 いかがですか?補助金は今、子育て世代の新築購入にはとても良い風になっています。今後は新築物件を買ったあとの税金の変化についてもお伝えしていきますので次回の記事を楽しみにしておいてください。

実際にどんな風に戸建てを購入したか田中さとみさん(30代・女性)の話を読んでみたい方は、こちらですぐに読めます。

2:補助金は組み合わせられるのか?

今までの補助金の内容を見てみると、最大100万円以上の補助金がでるのはとても魅力的すよね。これらを組み合わせできたら、、、と思うのですが、実際はどうなのかみていきましょう。

- a. 併用できるのはこれ

家を新築にする場合、または購入する場合は、「こどもみらい住宅支援事業*」を利用する際には、以下の補助制度と併用が可能です。 *今回お伝えしたこどもエコ住宅支援事業ではありません。
住まいの復興給付金(*1) 外構部の木質化対策支援事業(*2) 
*1:東日本大震災で被災された方の住宅の再取得(建築・購入)や被災した住宅の補修に係る消費税の引き上げによる負担増加に対応する国の制度 *2:木製の塀やデッキなどの外構施設を合法伐採木材を用いて施工する場合、 条件に応じて一定の金額が助成される制度
また今回ご紹介した補助金は残念ながら併用できませんが、家を購入する際の税金については優遇制度がありますので別のブログで紹介しますね!

- b.加算の制度を使おう!

例:こどもエコすまい支援事業(定額100万円)を利用した場合、 もしあなたが、「こどもエコすまい支援事業」を利用し、木造新築住宅を検討中なら、この加算方法がお役に立つかもしれません。 例えば、   こどもエコすまい支援事業で定額100万円/戸、 + 地域型住宅グリーン化事業の最大加算35万円/戸 =合計135万円/戸  というやり方もあります。もっとも、様々な条件をクリアする必要がありますが、上手に加算制度を使えば、ただ一個の補助金もよりお得に使える可能性があります。

3まとめ

いかがでしたか?補助金は使い方だけでなく、あなたの新しい家に何を取り入れたいのかを考えるいい機会にもなります。環境に優しいだけでなく、自分の子供たちに残したい環境を作ってくれる、エコな新築を考えてみませんか?

一般的に住宅ローンの借入額を決める時は、以下の項目を考えると、だいたいの金額を予想することもできます。ポイントは5項目ですので、もし「自分でも知りたいな」と思われる方は、やってみてくださいね!

もしこの投稿がお役に立てたら、
シェアしていただければ嬉しいです♪

Facebook
Twitter
Pinterest
Email

頭金10万円で新築の戸建てを購入した
田中さとみさん(30代女性)の体験談を読んでみてね!

⬇︎⬇︎⬇︎

お役立ち情報
今すぐ視聴

今の家賃を変えずに
もっと広い家で
のびのび子育てをする方法

今の家賃を変えずに

もっと広い家で
のびのび子育てを
する方法

©️ ほっとくつろぎ家 All Right Reserved 2023