ほっとくつろぎ家ロゴ【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】

【2024年 住宅ローン 】子育て世帯が優遇されます

【住宅ローン金利】子育て世代が優遇される

【2024年 住宅ローン 】子育て世帯が優遇されます

こんにちは、ほっとくつろぎ家です。2024年2月からいよいよ「フラット35」の住宅ローン金利が子どもの人数に応じて優遇される制度が施行されます。(2024年2月13日以降の資金受け取り分から適用)

ポイント制で金利が優遇されるこの制度、どのようなメリットがあるのか具体的に見ていきましょう!今年こそは「マイホームを持ちたい!」「そろそろ家を買い替えたい」という方はぜひ最後まで読んでみてくださいね!

目次
【住宅ローン金利】子育て世代が優遇される

【子育て世代】2024年 住宅ローン金利が優遇される

2024年の2月より住宅ローンでは、子育て世代が優遇された制度がいよいよ始まります。この金利優遇、実は舞台裏には「子育て支援」の要素が強くあります。この機会に「家の購入を考えている方」はぜひ、前向きに検討してみてはいかがでしょうか?

  住宅ローン金利とは

 そもそも住宅ローンとはどんな種類があるのでしょうか?簡単におさらいしましょう!住宅ローンには金利のタイプにより大きく3つの種類があります。
【住宅ローン金利】子育て世代が優遇される

図:ほっとくつろぎ家作成

この中で、今回優遇制度が取り入れられたのはフラット35(固定金利型)の住宅ローンになります。

  【フラット35】2024年金利優遇のある住宅ローン

 今回、2024年2月13日の資金受け取りから適用されるのは、全期間固定金利型の【フラット35】になります。【フラット35】の制度自体は2003年から始まり、「自宅を購入したいけれど、民間銀行の変動金利が不安」という方のためにできました。

今回の新しい制度の背景には日本の少子化問題があります。日本の少子化がなかなか解消しない理由としては様々ですが、その理由の一つに「家が狭いから」というものがあります。とくに、広さや安全面で良質な住宅を必要とする「子供の多い世帯(多子世帯)に対し、子育てしやすい住宅を手に入れられる」というのが今回の新しい制度の発端になっています。

  ポイント制の金利優遇

今回の金利優遇政策では「フラット35」のポイント制を理解することが大切です。ポイント制の金利優遇は実は2022年より取り入れられていますが、今回は「子育てプラス」と名前がついているように今までの制度にプラスして「子育て世代に手厚い」支援の内容が加わる形になりました。
今回の制度の大きな特徴として、ポイントが多い場合は、「金利引下げ幅が年最大年▲1.0%に変更される」と共に、優遇期間が延長できる可能性があるという良さもあります。子育て世代の方にはぜひ「家の購入」を検討するきっかけにしていただきたい制度の一つです。(ただし、子育てプラスの制度を利用しない場合は、金利引き下げ幅は年最大▲0.5%です。詳しくは以下で説明します

2.【フラット35】子育てプラスとは

  【フラット35】子育てプラスの特徴

 子育て世代に朗報とも言える2024年の新しい【フラット35】の制度を、より詳しく見ていきましょう!
今回の新しい政策の特徴は2つです

 (【 フラット35】子育てプラスは借換え融資には利用できません。)

 A. 子供の人数に応じて金利を引き下げる

これは、子育て世帯または若年夫婦にたいして、子供の人数に応じて行って期間借入金利を引き下げるというものです。子供一人につき1ポイントずつ加算され、1ポイントにつき、0.25 %引下げになります。

【住宅ローン金利】子育て世代が優遇される

 B.金利引下げ幅を最大年 ▲1.0%にする(条件あり)

以前の制度では引下げ幅は年▲0.5 %が最大でした。今回は子育てプラスの制度を使用すれば最大▲1.0%まで引下げることができます。さらにポイント数ですが、【フラット35】子育てプラスを利用している場合はポイント数に上限はありません。
【フラット35】子育てプラスを利用していない場合はポイント数は4ポイントが上限です。(従来通り)

  優遇期間はポイント数で決まる

  いくらポイントが高くても引下げ率は▲1.0%まで(4ポイント分)なのでは?とお考えになる方もおられると思います。

【住宅ローン金利】子育て世代が優遇される

引下げ率には上限がありますが、5ポイント以上の場合は優遇期間に反映させることができます。
(左図:一部フラット住宅金融支援機構より引用し弊社で独自にアレンジ)

  【フラット35】多くのポイントを得るために

ではどうすれば住宅ローンをもっと有利に借りることができるのでしょうか?

表と図を使って説明していきますね!

【住宅ローン金利】子育て世代が優遇される

図:住宅金融支援機構より引用

上の図にもあるように、フラット35の住宅ローンで金利優遇のポイントを得るためには、以下の3つの項目を抑えると良いです。
【住宅ローン金利】子育て世代が優遇される

家族

若年夫婦または子育て世代であること

【住宅ローン金利】子育て世代が優遇される

住宅

耐久性・可変生・省エネルギー性・耐震性・バリアフリー性など

【住宅ローン金利】子育て世代が優遇される

エリア

地域の公共団体などの支援があるエリア

【住宅ローン金利】子育て世代が優遇される

 地域連携型支援も利用しよう

上記の「エリアの要素」などは、地域によって異なります。例えば、埼玉県の場合はこちらのリンクから埼玉県での【フラット35】との地域連携について書かれています。ただ、この資料は、令和5年8月のデータなので、最新情報は問い合わせる方がよいでしょう。今回のポイント制度では、子育て支援・空き家対策については2ポイントの加算になっていますので、より、金利の優遇または優遇期間の延長を見込める可能性もあります。

まとめ

 いかがでしたか?
今回は2024年2月より適応される新しい【フラット35】の住宅ローン制度についてお伝えしました。住宅ローンの制度は年々変わっていますので、ややこしい感じもありますが、子育て世代には、「住宅購入を応援する」要素がたくさんあります。「マイホーム・持ち家は欲しいけれど手が出ない」「家が狭いと子育ても難しくなる」「もっと広々としたマイホーム・持ち家が欲しい」とお考えの方には、住宅ローンについても新しい情報を取り入れて、良いお家を手に入れていただけたらと思います。もし、あなたが埼玉・千葉で家を探していて、実際の土地や予算や戸建てマイホームを考えておられるようでしたら、お気軽にお問い合わせくださいね!

🏡インスタでも解説中!!🏡

もしこの投稿がお役に立てたら、
シェアしていただければ嬉しいです♪

Facebook
Twitter
Pinterest
Email
【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】ロゴ

新着戸建てブログ

今すぐ視聴
キャンペーン

家族の新しい物語を作ろう

【関東圏 限定】

いま検討中の物件が
「100万円くらい」安くなるかも?

いま検討中の物件が
「100万円くらい」
安くなるかも?

©️ ほっとくつろぎ家 All Right Reserved 2023