ほっとくつろぎ家ロゴ【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】

ほっとくつろぎ家 ー戸建て住宅を買うためのヒントー

戸建て住宅にいくら必要?

 新築戸建てを購入することは、多くの人々にとって人生の重要な節目ともいえます。家族のため、自分たちのライフスタイルをもう一度見直して、未来にすすむ素晴らしい一歩でもありますよね!ただ、戸建て購入前には十分な計画と情報収集が必要です。今回の記事では、新築戸建ての購入に関する重要な情報をご紹介します。一般的な住宅の値段から新規購入のメリット、賃貸との違い、そして一般的に必要とされる頭金について詳しく解説します。

1.一般的な住宅の値段

まず、一般的な新築戸建ての価格帯について見ていきましょう。価格は地域や物件の特性によって大きく異なりますが、全国平均では土地込みの注文住宅の場合、約4,455万円、建売住宅の場合は約3,605万円となっています(2021年度フラット35利用者調査)。ただし、都市圏や地方によっても価格は異なるため、具体的な物件を考える場合には地域の市場価格を把握することが重要です。

♦︎ 家を買うために必要な年収とは?

一体どれくらいの年収ならば、いくらの家の購入が可能なのでしょうか?ここで一つ大切な言葉「返済負担率」を紹介します。

-- 返済負担率とは

返済負担率とは、借り入れた住宅ローンなどの返済額が、自身の収入に対してどれくらいの割合で負担となるかを示すものです。つまり、返済負担率が高いということは、収入に対して大きな割合で返済しなければならないことを意味します。逆に、返済負担率が低い場合は、収入に対して返済額が比較的少ないため、経済的な負担が軽減されます。この返済負担率は25%以下にするのがベターだと言われています。

-- 同じ家賃で戸建て持ち家を手に入れる

現実的に考えるならば、今、あなたが実際払っている家賃(例えば:10万円)を同じ35年のローンで支払うとすれば、「いくらの家が買えるのか?」というようなシュミレーションも可能です。同じ家賃で戸建てが手に入れば嬉しいですよね!!
詳しくは実際の金利や諸費用等を考慮する必要もあるので、お気軽にお問い合わせくださいね。

2.新築戸建てを購入するメリット

新築戸建てを購入するメリットはいくつかあります。まず第一に、建物は新しく、住宅設備や構造も最新の技術や基準で作られています。耐震性や断熱性などの面で高い品質が期待できるため、快適で安全な生活環境を提供してくれます。また、新築戸建ては自分の好みやライフスタイルに合わせてカスタマイズすることができます。注文住宅の場合は、内装や間取り、設備などを自由に選択することで、自分好みの住まいを実現できます。建売住宅でも、最低限の設備がきちんと整っていて、実際に物件を見ることができるので、実際に自分たちが住んでいる姿もイメージしやすいかもしれませんね。
さらに、新築戸建ては長期的なメンテナンスの必要性が低く、初期の修繕や改装の負担が少ないという利点もあります。また、新築住宅を購入すると、住宅ローンの金利優遇措置や住宅取得に関連する税制優遇措置を受けることができる場合があります。これらのポイントから、新築戸建ては将来につながる安定した環境と経済的なメリットをもたらしてくれる選択肢と言えますね。

3.賃貸をやめて新築戸建てを購入するメリット

実際に戸建ての購入を考える時は、大きなお金が動くので、足が止まることがあるかもしれません。「本当に賃貸をやめて、戸建てを買うことができるのかな。。。」そこで、もう一度、新築戸建ての購入と賃貸住宅との違いについて考えてみましょう。(LINE動画で説明 >>

♦︎ 戸建ては資産になる

まず、賃貸では毎月の家賃支払いが発生しますが、新築戸建ての場合は住宅ローンの支払いが発生します。賃貸では「毎月払う家賃」は大家さんにすべて渡すので、結局あなたのモノ(資産)として残ることはありません。また、一般的に家賃には大家さんへの利益が上乗せされています。もし持ち家ならばこれは純粋に家のため(自分)に払うお金ですよね。一方で、新築の戸建てを購入する場合は「払うお金は自分の資産」として手元に残ることになります。家族が増えると、「将来の安心」だけでなく「自分の家族・子供のため」に資産を作ることができますね!

♦︎ 戸建て持ち家なら自由にカスタマイズできる

また、賃貸では入居者はまったく自由にカスタマイズすることは難しかったり、制限されることがありますが、新築戸建てでは自分自身の好みやニーズに合わせて住まいをカスタマイズすることができます。子供さんが小さい場合は、どうしても「騒音対策」「収納スペースの確保」「ご近所への配慮」「もっと広い家」「安全な設計」などが必要になってきます。また、子供さんが成長するにつれて、将来的にも家のレイアウトを変えられるような戸建てはとても魅力的ですよね!また、子育て中であっても、親のプライバシーも大切にしたい場合は「一部屋増やす」ことで解決することもあります。(動画で詳しく説明)自分らしいライフスタイルで、家族とのびのび暮らしたい方には、新築戸建てはメリットが多いですね。

4.ところで、一般的に頭金はどれくらい必要?

新築戸建ての購入に際しては、一般的に頭金が必要となります。実際に「どのくらいのお金が手元にあれば、新築戸建ての購入に踏み切れる」のでしょうか。頭金とは「住宅ローンを利用して家を購入するとき、はじめに自己資金の中から現金で支払うお金」のことです。物件の価格の一部を現金で支払うことで、住宅ローンの借り入れ額を減らすことになります。一般的には、物件価格の20%程度の頭金が必要とされています。もし3000万円の戸建てを購入したい場合は、600万円になりますが、これはあくまで一般的な値段です。頭金は、個々の家庭の予算やライフスタイルによっても違います。また、具体的な金額は購入する物件の価格やローン条件によっても変わります。
実際のご購入者の方の頭金と家の事例をご覧になりたい場合は「物件の事例」からご覧いただけます。また、頭金や実際に購入できる家の詳しい内容については、お問い合わせください。
まとめると、新築戸建てを購入する際には、一般的な住宅の価格帯やメリット、賃貸との違い、頭金の必要性など、様々な要素を考えて決定する必要があります。ですが、初めての戸建て購入の多くの場合、家の購入はちょっとややこしさを感じるかもしれません。お金、ローン、保険、場所、インテリア、広さ,,,など気になることはそれぞれ違います。私たちは、「今まで、戸建てなんて夢のまた夢」だと思っていた方にも十分に可能だということを実感しています。

ですが、戸建ての住宅を購入するまでには、あらかじめ準備が必要です。どんな準備が必要か気になる方は、まずはLINE動画から>> ご覧ください。たくさんのヒントをご提供しております。

もしこの投稿がお役に立てたら、
シェアしていただければ嬉しいです♪

Facebook
Twitter
Pinterest
Email
【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】ロゴ
お役立ち情報
今すぐ視聴

家族の新しい物語を作ろう

【関東圏 限定】

いま検討中の物件が
「100万円くらい」安くなるかも?

いま検討中の物件が
「100万円くらい」
安くなるかも?

©️ ほっとくつろぎ家 All Right Reserved 2023