ほっとくつろぎ家ロゴ【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】

ほっとくつろぎ家 ー戸建て住宅を買うためのヒントー

片付けが簡単になる家とは

日常生活の中で、「家族が増えてもずっとすっきりと暮らしたい!」って思ったことはありませんか?賃貸マンションの狭さ、子供のおもちゃの収納場所が狭い、収納スペースが全然たりない、など暮らしの中で収納と片付けに悩む方はたくさんおられます。通常、片付かないとどんなことが起きるのか考える機会が少ないので、今回の記事ではまとめながら解決法のポイントをお伝えしたいと思います。

1.片付かない家で起きる問題

- 1.ストレスとイライラ:

物が乱雑に散らかっている家では、何を探しても見つからず、いつも通りのはずなのに、生活の動線が悪くなります。

例えば「」。
出かけたいのに「家の鍵や自転車の鍵、車の鍵」がない!って慌てたことはありませんか? 物の整理ができていない状態では、急いで出発したいのに「鍵を探す」のに時間がかかって遅刻しそうになったりと、ストレスやイライラがたまりますよね。

- 2. 清潔にならない:

 散らかった家は、掃除や整理整頓が難しくなります。物がそこらじゅうに散らかっていると、掃除機も隙間に入りにくいので、チリや埃がたまりやすくなり、清潔な状態を保つのは難しくなります。清潔な環境は健康にも大切です。今はハウスダストなどアレルギーが気になる方も徐々に増えてきてます。特にハイハイの時期のお子さんやまだ床で遊ぶことが大好きな子供さんのいる家庭ではおもちゃの片付けから始まり、「チリや埃」も気になりますよね。

- 3. 落ち着かない雰囲気:

 家がごちゃごちゃしていると、リラックスできない!!って思ったことはないですか?あちこちに物が散乱したり、片付けたようでも「いつもソックスが1足落ちている」など、何かしら乱雑な様子では、つい洗濯物を拾い歩いたり、ずっと下を見続けたりして、落ち着いた雰囲気を作り出せず、家族全員がくつろぐのも難しい!って感じることもあります。

- 4. 安全面の心配:

 物が散らかっていると、転倒や事故のリスクが高まります。特に小さな子供がいる家庭では、ちょっと目を話した隙に、口に何か入れたりすることで、危険なことがあります。ブロック一つが転がっているだけで、つまずいたり、踏んで痛い想いをすることもありますよね。アクティブな子供さんがいる場合は、おもちゃはいつもどこかの部屋へ移動してしまいますが、片付ける場所がきちんと決まっていない・またはスペースが足りないと、安全面にも心配が残りますよね。

- 5. 適切な収納スペースの不足:

  一般的に、散らかった家では、物を収納するための適切なスペースが不足しています。今使わない物だけでなく、必要な物でさえ収納できないため、つい散らかりやすくなります。十分な収納スペースがあれば、物を整理しやすくなり、スッキリとした環境を維持できますよね。「もっと広い家ならいいな」と思う方は意外と多くいらっしゃいます。

2.住宅の広さはどれくらい必要?

ちなみに日本の住宅の一般的なサイズ(建坪)は35坪と言われています。35坪とはおよそ120㎡です。国土交通省によると、4人家族ならば、95㎡〜125㎡が快適だとしていますので、ちょうどいい広さとも言えるかもしれません。(国土交通省・住生活基本計画
実際は、3人家族で120㎡前後の家が平均的なので、より快適な広さで住宅をたてているようです。(住宅金融支援機構フラット35注文住宅融資利用者の主要指標

もちろん、地域や値段に応じて多少の違いがでますが、最近は間取りを工夫したり子供さんの成長によってカスタマイズできるので、オシャレでかつ家の自由度があがっています。

3.戸建てなら片付けが楽になる

- 1. 広々とした収納スペース:

   一般的に戸建て住宅は賃貸とは違い、多くの収納スペースがあります。クローゼットやパントリー、納戸などの豊富な収納スペースを広めに活用することで、必要な物を適切に収納し、家の中をスッキリと片付けることができます。
例:戸建てなら子供のおもちゃや季節ごとの衣類を収納するスペースが十分にあるため、リビングルームや寝室がすっきりと片付き、家族が快適に過ごせます 。

- 2. 個別のスペースが片付けを助ける:

 戸建てでは、個別のスペースを作ることができます。子供部屋や書斎、趣味の部屋など、家族みんながそれぞれ自分のスペースを持つことで、個々の物を整理しやすくなります。それぞれの部屋や場所の役割が明確になるので、「どこにおさめたらいい?」って悩むこともなくなります。

例:戸建てにすると、子供たちが自分の部屋で遊びや勉強をするので、共有スペースがスッキリと片付き、家族全体がストレスなく過ごせます。

- 3. オープンな間取りが動線を整え、片付け時間が減る:

 戸建てでは、オープンな間取りが可能です。オープンな間取りとは、リビングとダイニング、キッチンがつながっていること。物の移動や収納場所への移動がスムーズになります。 例:戸建てなら動線がいいので、食事の準備や片付けがしやすく、手間が軽減されます。家族が一緒に過ごす時間が増えるだけでなく、家が常にスッキリとした状態を保てます。

- 4. 屋外スペースの活用がゆとりになる:

 戸建てには多くの場合、お庭やオープンテラスなどの屋外スペースがあります。庭を有効に使うことで、家を広く使い物の整理がしやすくなります。 例:戸建ての庭に物置を設置することで、季節ごとの物や家具を収納し、家の中がすっきりと片付きます。また、庭で子供たちが遊ぶことで、家の中のスペースが解放されます。

- 5. 急な来客にも慌てずプライバシーも守られる:

収納が解決できると、「みられたくない物」でも、ささっと片付けることができます。予期しない急な来客でバタバタと片付けたり、見られないように隠したりする手間は必要ありません。
例:急に誰かが訪ねてきても慌てることがなくなりました。いつも「片付ける場所」が決まっていて、あとで「探し物」をすることがなくなりました。家の中が穏やかでリラックスした環境になります。

これらのポイントをうまく使うことで、戸建て住宅には大きな可能性が広がり、収納と家の片付けに貢献することができます。家族が快適に穏やかに過ごせる環境を整えるために、収納スペースを上手に活用し、物を整理しやすい状態を維持できたらいいですよね!

ほっとくつろぎ家では、今動画で戸建て購入までのヒントを無料の動画で説明しています。ここから今すぐチェックしてみてくださいね!

もしこの投稿がお役に立てたら、
シェアしていただければ嬉しいです♪

Facebook
Twitter
Pinterest
Email

今の家賃を変えずに
もっと広い家で
のびのび子育てをする方法

今の家賃を変えずに

もっと広い家で
のびのび子育てを
する方法

©️ ほっとくつろぎ家 All Right Reserved 2023