ほっとくつろぎ家ロゴ【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】

【4人家族の間取り】30坪で快適に過ごせる!おすすめの広さと間取り

【はじめに】家族4人!30坪でも快適にすごせる広さと間取りとは?

こんにちは、ほっとくつろぎ家です。今日は家族4人にぴったりの家の広さと間取りについてお伝えしますね。また、その広さを十分に活用してより快適に過ごすためのヒントもお伝えします。多くの方にとって、家の購入やお家づくりは「初めての経験」でイメージしにくいですよね。この記事を読めば、家族が快適に過ごせる空間をより具体的にイメージすることができます。家の広さや間取りがイメージできたら土地探しもしやすくなりますよね!

目次

家族4人にぴったり?新築戸建ての間取りとは?

4人家族が住むための平均坪数とは?

人一人が生活するために必要な坪数は8−10坪と言われています。単純に計算するならば、4人家族のお家なら32−40坪くらいが理想的になります。

坪数とは?
1坪は約3.31㎡で、畳2枚分の広さをイメージ

ただ、今一般的には4人家族の平均的な坪数は30−35坪が、理想的な家の広さになっており、この広さならば、3LDKから4LDKの間取りも十分可能です!部屋数が確保できれば、それぞれのプライバシーも保つことができるので、家族みんながリラックスできますよね!

4人家族にぴったりの間取り

家族4人にぴったりの広さをイメージしながら、今度は間取りについて考えていきましょう!

*「間取り」とは?
間取りとは部屋のしきりなどの配置を平面の図で表したものです。さらに平面図に書き込むものとして、アルファベットや数字を使っていきます。(1R・1LK・1LDKなど)

代表的なものとしては以下のものがあります。

  • R=ルーム
  • D=ダイニング
  • K=キッチン
  • L=リビング

30−35坪の広さのお家に家族4人ですむならば、3LDKから4LDKがおすすめです。例えば、3LDKに大人2人、子供2人の4人家族で暮らす場合以下のような部屋割りができます。

3LDK
 =LDKと3つのお部屋

  • 部屋1ー夫婦
  • 部屋2ー子供 1人
  • 部屋3ー子供 2人目

これらは子供の性別や成長にあわせて部屋を変化させることもできますよね。子供さんが小さい時は、ひと部屋をフリールームにして時にはプレイルームにしたり家事をする部屋にすることもあります。

新築戸建てだからできる部屋の確保

今は、家の形にも様々なバリエーションがあります。特に2023年は平家に注目が集まりました。ただ、以前の記事でもあったように(ブログ:住宅トレンド)平家で家族4人が快適に暮らすためには、ある程度広い土地面積が必要になります。都心近くで、土地面積を確保しようとすると、土地代だけで予算オーバーになることもありますよね。 

ただ、マンションになると、周囲の利便性が確保できる一方で「十分な部屋数が確保できない」とか「間取りを変更できない」「子供が大きくなって手狭になってきた」などがおおく言われます。マイホームとして戸建てを建てることで、将来の資産になるだけでなく土地を確保できた上で、必要に応じて家だけを立て直したり・リフォームすることできますよね!

家族4人で30坪を快適な家にする5つのおすすめの方法

シンプルな形の建物ができる土地を選ぼう

30坪で快適な家を建てるためには、建物自体は真上からみた時に「正方形・長方形」などのような凸凹のないシンプルな形がおすすめです。シンプルな形ならば、土地面積がある程度限られていても、狭さを感じさせないような快適な間取りを作ることができます。

一方で土地に対して「建てることができる家のサイズ」は決められています。これを「建ぺい率」といいます。他にも土地それぞれに建物の最大サイズが決められていますので、そのあたりもチェックするといいですね!

空間が広く見えるリビング階段と吹き抜け 

部屋をもっと広々と感じたい場合は吹き抜けがおすすめです!天井が高いだけでも明るくて開放感のある部屋ができます。吹き抜けとはいくつもの階が繋がった空間のこと。例えば、デパートでは吹き抜けを利用して各階から下のフロアを見る造りになっていることもありますよね。

家では、リビングからつづく階段に吹き抜けが取り付けられることが多いですね!

LDKをワンフロアにする

家族4人が快適にすごせるLDKの一つとして、壁の端から端までが見渡せる、つまり仕切りなしのワンフロアになっていることも大切です。日の光がフロア全体に広がるのでとても開放感が生まれます。また、小さな子供さんがいるお家ならば、子供さんが部屋のどこで遊んでいてもすぐに見渡せるのもメリットですね!

適度な仕切りでプライバシーを保つ

家族4人で快適にくらすならば、実は、適度な間仕切りは必須です。LDKはワンフロアにしても、各お部屋できちんと仕切ることは、とても大切です。家族といっても水回りや寝室などは、プライバシーが欲しいもの。戸建てならば、子供さんが小さいうちは子供部屋を広く使っていた時でも、大きく成長すれば、それぞれの部屋に分けることで、子供たちが大きくなっても安心して過ごす場所が手に入ります。

断熱と気密性もポイントになる

家族が快適に過ごすためには、開放感とプライバシーに加えて室温を快適に保つことも大切です。そのためには「断熱性・気密性」を高めるようにしましょう。吹き抜けをつくると、空気の移動範囲がひろいので、「暑い・寒い」をより感じやすくなることもあるかもしれません。空間の快適さを考えた時は、室温の快適さを一緒に考えていきましょう。すると、冷暖房費用も抑えながら、家族みんなが快適に過ごせますよね!

一般的に住宅ローンの借入金額(いくら借りれるか)は年収の5−6倍と言われています。

【インスタ】住宅ローン、いくら借りれる?

まとめ

いかがでしたか?今回は家族4人にぴったりの快適な家を作るポイントを紹介しました。ぴったりの広さ、より快適に過ごすための間取り、空調管理など色々な情報を手に入れて素敵なお家を建ててくださいね!もし、あなたが埼玉・千葉で家を探していて、実際の土地や予算や戸建てマイホームを考えておられるようでしたら、お気軽にお問い合わせくださいね!

🏡インスタでも解説中!!🏡

もしこの投稿がお役に立てたら、
シェアしていただければ嬉しいです♪

Facebook
Twitter
Pinterest
Email
【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】ロゴ

お役立ち情報

今すぐ視聴

今の家賃を変えずに
もっと広い家で
のびのび子育てをする方法

今の家賃を変えずに

もっと広い家で
のびのび子育てを
する方法

©️ ほっとくつろぎ家 All Right Reserved 2023