ほっとくつろぎ家ロゴ【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】

若い夫婦に多い?新築戸建て住宅の相談 TOP3

【はじめに】若い夫婦の新居と間取り

こんにちは、みなさん。ほっとくつろぎ家です。最近、若い夫婦の方から、住宅の相談をよく受けます。その中で、多くの方が抱えている住宅問題TOP5をまとめてみました。もしかしたらあなたも同じ悩みがあるかもしれません。是非お役に立てればと思います。

目次

問題1:新居の間取りが決まらない

若い夫婦の新居の間取り選び

若い夫婦にとって、新居の間取り選びは人生の大きな転機となります。新婚当初は二人だけの生活ですが、将来的には子供が生まれたり、家族が増えたりする可能性もあるため、現在のライフスタイルや将来の計画を踏まえて、慎重に間取りを決めることが大切です。

夫婦のライフスタイルを検討する

間取りを決める際には、まず夫婦のライフスタイルを検討する必要があります。二人はどんな生活を送りたいのか、どんなことに重きを置いているのかを話し合ってみることが大切です。
例えば…
    • 仕事や趣味に集中したい場合は、仕事部屋や趣味の部屋がある間取りがよいでしょう。
    • 家でゆっくりと過ごしたい場合は、リビングが広い間取りがよいでしょう。
    • 来客が多い場合は、ゲストルームや書斎がある間取りがよいでしょう。
    • 将来の計画を検討しましょう。

子供がいつ生まれるのか、将来的には家族が増える可能性はあるのかを検討することも大切です。子供が生まれたら、子供部屋やベビールームが必要になります。また、子供が大きくなったら、子供部屋を独立させたいということもあるでしょう。家族が増える可能性があれば、さらに部屋数が必要になります。そのため、将来を見据えた間取りを検討することが重要です。

具体的な間取りの例

夫婦のライフスタイルや将来の計画に合わせて、具体的な間取りを考えてみることが大切です。仕事や趣味に集中したい夫婦なら、例えば、2LDKとか、3LDKがよいです。仕事部屋に1部屋 欲しいですからね。

もちろん 予算との相談ではありますが、家はできるだけ広い方がいいですよね。 広々としていれば プライバシーも確保できるし、来客があっても どこかの部屋に物を入れておけば、綺麗なお部屋で出迎えることができます。

間取りを決める際の注意点

間取りを決める際には、以下の点に注意しましょう。
    • 間取り図を見ながら、実際に生活するイメージを膨らませましょう。
    • 家具や家電の配置を想定して、十分なスペースがあるかを確認しましょう。
    • 将来的に家族が増える可能性があれば、そのことも考慮しましょう。
    • 間取りを決めるのは、簡単なことではありません。しかし、慎重に検討することで、長く住み続けられる、理想的な新居を手に入れることができるでしょう。

間取り選びのポイント

間取りを選ぶ際には、以下のポイントを押さえておきましょう。

導線の良さ
家事や生活の際に、ストレスなく動けるような動線の良さも重要です。例えば、キッチンからリビングや洗面所への導線が近いなど、家事導線が考えられた間取りがよいでしょう。

採光と風通し
明るく風通しの良い間取りは、快適に過ごすために欠かせません。窓やベランダの位置、間取りなどを考えて、明るさと風通しを意識しましょう。

収納の充実
衣類や日用品などの収納スペースは、十分に確保しておきたいものです。収納が少ない間取りでは、物が溢れて散らかりやすくなりますよね。結構なストレスになります。

間取り選びの最終段階

間取りをある程度絞り込んだら、実際に物件を見学してみましょう。間取り図だけではわからない、実際の広さや雰囲気を感じることができます。
物件を見学する際には、以下の点に注意しましょう。
  • 家具や家電の配置を想定して、スペースに余裕があるかを確認する。
  • 陽当たりや風通しを確認する。
  • 収納スペースが十分にあるかを確認する。
  • バス停など、物件の周辺の環境も確認しておきましょう。
  • スーパーやコンビニなどが充実しているか。
  • 通勤や通学に便利な場所にあるか。
  • 子育て環境が整っているか。
  • これらのポイントを踏まえて、納得のいく間取りを見つけてください。

間取り選びのまとめ

若い夫婦にとって、新居の間取り選びは人生の大きな転機となります。慎重に検討して、長く住み続けられる、理想的な新居を手に入れましょう
間取りを選ぶ際には、以下のポイントを押さえておきましょう。
  • 夫婦のライフスタイルや将来の計画を考慮する。
  • 間取り図を見ながら、実際に生活するイメージを膨らませる。
  • 家具や家電の配置を想定して、十分なスペースがあるかを確認する。
  • 将来的に家族が増える可能性があれば、そのことも考慮する。
また、間取り選びの最終段階では、実際に物件を見学して、実際の広さや雰囲気を確かめることも大切です。 これらのポイントを踏まえて、納得のいく間取りを見つけてください。

問題2:個人のプライバシー確保が問題

夫婦で暮らす場合、いくら 仲が良い夫婦でも個人のプライバシーを確保することはとても大切です。1LDKなどの小さな間取りでは、個人のスペースが不足し、プライバシーが守れない可能性があります。

やはり、1LDKの場合は、夫婦のプライバシーでご相談されることも多いです。夫婦であっても、一人でゆっくりと過ごす時間は必要です。仕事や家事で疲れたときに、一人でリラックスしたり、趣味に没頭したりする時間を確保しておきたいものです。

プライバシーを確保するためには、間取りに余裕を持たせたり、収納スペースを工夫したりするなどの対策が必要です。 とはいえ 今 1 LDK に住んでいてすぐに何かしたい、という場合は 本棚や 間仕切り みたいなものでなんとなく 目隠しをするだけでも気分は変わります。 是非試してみてください。

夫婦それぞれの専用スペースを確保する

プライバシーを確保する方法は、夫婦それぞれの専用スペースを確保することです。本棚や間仕切り以上のことをしたい場合は、例えば
  • 寝室を別々にする。 (生活スタイルに応じて)
  • 子供部屋を夫婦の共有スペースとして利用する
  • ワークスペースや趣味部屋を設ける
といった方法があります。

寝室を別々にすることで、寝る時間や寝室の使い方などを自由に決めることができます。子供部屋を共有スペースとして利用する場合は、子供が大きくなったときに、夫婦のプライベートスペースとして利用することも可能です。ワークスペースや趣味部屋を設けることで、一人で集中して仕事や趣味に取り組むことができます。

収納スペースを充実させて、生活感を隠す。

収納スペースが十分にないと、生活感のある物が散らかってしまい、来客があった時に部屋をきれいにできず、プライバシーが侵害される可能性があります。 また、いつも部屋が散らかっているとストレスに感じる方も多いのではないでしょうか。

収納スペースを充実させることで、生活感のある物を隠すことができ、よりプライベートな空間を保つことができます。例えば、

クローゼットや収納棚をいくつか買う、押し入れや納戸を活用する、壁面や天井を収納スペースとして利用する、といった方法があります。

クローゼットや収納棚を豊富に設けることで、衣類や日用品などをすっきりと収納することができます。押し入れや納戸を活用することで、季節家電や来客用の寝具などを収納することができます。壁面や天井を収納スペースとして利用する場合は、リフォームやDIYで工夫する必要があります。

POINT

個人のプライバシーを確保するためには、間取りに余裕を持たせたり、収納スペースを充実させたりすることが大切です。夫婦で話し合いながら、それぞれのライフスタイルやニーズに合った間取りを検討しましょう。

部屋の間取りはあくまでも住宅の大きさに影響されるのと、賃貸マンションの場合は近所からの苦情なども 気になりますよね。 戸建て住宅であれば近所からの苦情はあまり気にしてしなくて良いですし、 家族の中でも部屋を分けることで プライバシーが尊重されます。

よく 驚かれますが、 最近は 月7万円程度の負担でも、おしゃれな新築戸建てが購入できたりします。 この辺りにご興味のある方はこちら(https://hot-kutsurogiya.com/monitor-house/)をご参考にしてください。ご自身のライフスタイルやニーズに合わせて、最適な間取りを検討してください。

一般的に住宅ローンの借入金額(いくら借りれるか)は年収の5−6倍と言われています。

【インスタ】住宅ローン、いくら借りれる?

問題3:子育てに適さない家

子供が生まれたら、住宅選びの基準が大きく変わってきます。子供の安全や発達に配慮した、子育てに適した住環境が必要です。

安全性

子供は好奇心旺盛で、動き回ることが多いので、安全性に配慮した住宅選びが大切です。具体的には、以下の点に注意しましょう。

  • 段差や傾斜のない間取りにする
  • 危ない物を置きっぱなしにしないようにする
  • 窓やベランダの安全柵を設置する
  • 火災や地震などの災害に備える

例えば、段差や傾斜のある間取りでは、子供が転んで怪我をする可能性があります。また、危ない物を置きっぱなしにしておくと、子供が誤飲や誤食をする恐れがあります。窓やベランダの安全柵を設置することで、子供が転落するリスクを減らすことができます。また、火災や地震などの災害に備えて、住宅設備や防災グッズを備えておくことも大切です。

利便性

子育てには、多くの時間と労力が必要です。そのため、子育てに必要な設備やサービスが充実している住宅を選ぶことで、子育ての負担を軽減することができます。具体的には、以下の点に注意しましょう。

  • スーパーやコンビニなどの生活利便施設が充実している

  • 保育園や幼稚園などの教育施設が近くにある

  • 公園や図書館などの公共施設が近くにある

例えば、スーパーやコンビニなどの生活利便施設が充実している住宅なら、買い物や食事の準備にかかる時間を短縮することができます。保育園や幼稚園などの教育施設が近くにある住宅なら、子供の送り迎えが楽になります。公園や図書館などの公共施設が近くにある住宅なら、子供と遊んだり、学んだりすることができます。

広さ

子供は成長するにつれて、スペースが必要になります。そのため、子供の成長に合わせて、部屋を広くしたり、増築したりできる住宅を選ぶことが大切です。具体的には、以下の点に注意しましょう。

  • 子供部屋が広い

  • リビングやダイニングが広い

  • 収納スペースが充実している

例えば、子供部屋が広ければ、子供が遊んだり、勉強したりするスペースを確保することができます。リビングやダイニングが広ければ、家族全員がゆったりと過ごすことができます。収納スペースが充実していれば、子供の成長とともに増えていく物も収納することができます。

POINT

子育てに適した住宅を選ぶことで、子育てをより快適に楽しむことができます。安全性、利便性、広さの3つのポイントを押さえて、家族みんなが過ごしやすい住まいを見つけましょう。

子育てに適した住宅の例

以下に、子育てに適した住宅の例をいくつか挙げます。

  • 1階に子供部屋、2階にリビングやダイニングがある
  • 子供部屋に2つの部屋をつなげて、広いスペースを確保できる
  • リビングやダイニングに収納スペースを豊富に設けている
  • 公園や保育園などの公共施設が近くにある
これらの例はあくまでも一例ですので、ご自身のライフスタイルやニーズに合わせて、最適な住宅を検討してください。

【まとめ】若い夫婦の新居:コツとポイント

26歳前後の夫婦にとって、新居の購入は人生の大きな転機です。新婚当初は二人だけの生活ですが、将来的には子供が生まれたり、家族が増えたりする可能性もあるため、現在のライフスタイルや将来の計画を踏まえて、慎重に間取りを決めることが大切です。

本ブログ記事では、26歳の夫婦が直面する住宅問題の代表的なものを3つ取り上げ、その解決方法について解説しました。

1. 新居の間取りが決まらない

新居の間取りを決める際には、以下のポイントを押さえることが大切です。

  • 夫婦のライフスタイルや将来の計画
  • 予算
  • 周辺環境

これらのポイントを踏まえて、複数の間取りプランを検討し、夫婦で話し合いながら決めましょう。

2. 個人のプライバシーが確保できない

1LDKなどの小さな間取りでは、個人のスペースが不足し、プライバシーが侵害される可能性があります。この問題を解決するためには、以下の方法が考えられます。

  • 夫婦それぞれの専用スペースを確保する。
  • 収納スペースを充実させる。

夫婦で話し合いながら、それぞれのニーズに合った間取りを検討しましょう。

3. 子育てに適さない住宅

子供が生まれたら、住宅選びの基準が大きく変わってきます。子供の安全や発達に配慮した、子育てに適した住環境が必要です。具体的には、以下のポイントを押さえて、住宅を選ぶことが大切です。

  • 安全性
  • 利便性
  • 広さ

また、将来的に子供が増える可能性も考慮して、住宅を選ぶことも大切です。

本ブログ記事では、これらの問題を解決するための具体的な方法を解説しました。また、LINEにご登録いただくと、自宅での問題を解決する方法や、モニターハウスなど、キャンペーンのニュースをお届けしています。ぜひ、ご登録ください。

🏡インスタでも解説中!!🏡

もしこの投稿がお役に立てたら、
シェアしていただければ嬉しいです♪

Facebook
Twitter
Pinterest
Email
【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】ロゴ
お役立ち情報
今すぐ視聴
キャンペーン

家族の新しい物語を作ろう

【関東圏 限定】

いま検討中の物件が
「100万円くらい」安くなるかも?

いま検討中の物件が
「100万円くらい」
安くなるかも?

©️ ほっとくつろぎ家 All Right Reserved 2023