ほっとくつろぎ家ロゴ【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】

理想の家 - 家を建てたい若い夫婦の悩み

家を建てたい若い夫婦の悩み【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】
こんにちは、ほっとくつろぎ家です。 若い夫婦がマイホーム(理想の家)を持ちたいのに踏みとどまる理由は、まず「高額な価格」です。都市部の土地はとても高く、そのため住宅価格も天井知らずに高騰しています。日本の住宅は一般的に狭く、子供が大きくなった時など、将来の家族の生活の変化には不安もあります。また、家を購入するには「長期の住宅ローン」を組まなければならないことも悩みの種です。何十年もの返済期間はプレッシャーになりますよね。そして、将来に対する不安も頭をよぎります。 マイホーム・持ち家が欲しいけれど、なかなか手が出せないのはあなただけではありません。今日は、そんな若い夫婦の悩みを公開します。あなたの家族にとって大事な家の購入の大きな決断の一つになればうれしいです。
目次

若い夫婦が家を欲しい理由(理想の家とは?)

 若い夫婦が家を欲しい理由はさまざまです。あなたは将来または今すぐ自分のマイホーム・持ち家が欲しいですか?今日紹介するの若い夫婦の家が欲しい理由6つをご紹介します。

今の家は狭い!

家を建てたい若い夫婦の悩み【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】

 今の家が狭い!と持っている方はあなただけではありません。株式会社AlbaLinkは狭い家にお住まいの502人を対象に「狭い家で感じるストレスに関する意識調査」を実施したところ、40%の人が収納が少なく散らかりやすいことにストレスを感じていました。

また2位は「動きにくい・家事がしにくい」3位は「一人の時間や空間がない」4位は「生活音が気になる」などでした。賃貸で家賃を抑えてコンパクトに住みたいかたも多いですが、子育て世代は何かとものが増え続ける時期です。収納や家事の動線などにストレスを感じて戸建てマイホームを考える方もいらっしゃいます。

安定した生活空間が欲しい

 安定した生活空間は衣食住の大切な要素です。特に自分たちの居場所を確保したいという気持ちは誰でも持っています。自分自身または家族の家を持つことは安定した空間を手に入れられるというだけでなく、自分のアイデンティティを確立して、自信に繋げられる場所にもなります! 「幸せおうち計画」を運営する、株式会社AZWAYが行った「家を建てて一番良かったこと」に対するアンケートの1位は「マイホームという安心感ができた」でした。家賃の支払いなくなり、定住できるという心の変化はとても興味深いですよね!帰れる場所があるということは人間の本質としても大事なことなんですね!   

自己実現感がある

 家を購入して、マイホームを持つということは、自分自身の幸福感や自己実現感を生みます。また、家の購入で生まれた「心の余裕・ゆとり」幸福感や生き方にも影響を与えてくれます。特にコロナ以降、おうち時間を充実させて生活の質を上げることを大切にする方が増えてきました。モノを持つことだけでなく、性能や快適性にも幅を広げて生活の質の向上を重視する人も増えてきましたよね!「やったぞ!自分の家だ!」という気持ちは借り物の暮らしにはない、アイデンティティにつながるのかもしれませんね!

家の購入は投資になる

 家が投資になるという概念は日本ではなかなか普及してきませんでしたが、この頃はNISAなどをきっかけに、「投資」に関しても強い関心が高まっています。日本は地震大国なので、建物の価値は建てた瞬間から下がるというイメージですが、土地の価値は地震とは関係ありません。ちゃんと、地盤調査が行われた場所に家を立てれば、土地の価値は保たれ、投資として大切な一つになります。また、家は購入すれば、たとえローン返済を抱える自分に何かあっても保険の加入によっては、家族が安心して住める場所を確保しつづけることができます。

税制の優遇がある

 新築の戸建てを購入すると、税制の優遇があります。これは2024年も適用されます。例えば、住宅ローン控除に関しては、ここに書いてあります

13年という長い間、控除を受けられ、控除額は100万円以上になることもあります。家を買ったら「リスク」だという考えもありますが、未来に向けた節約にもなるので、ぜひ活用したいですよね。

家を購入する前のハードル 

住宅価格が高い

 住宅の価格だけを見ると、とても高額です。金額だけをみると、すぐに稼げる金額ではありませんが、そのために住宅ローンがあります。住宅ローンをうまく使えば、今の家賃と同じような月々の支払いで、自分の家を持つことができます。

家を建てたい若い夫婦の悩み【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】

ローンが負担

 若い夫婦が住宅を購入する時は、多くの場合、長期にわたる住宅ローンを組む必要がありますよね。このローンの返済が負担になることも住宅を購入する前の大きな悩みの一つです。ずっと支払う予定を組んだ返済プランは高齢になっても払い続けなければならないというズーンと重い気持ちになるかもしれませんね。

ですが、裏を返すと家賃の支払いも家を借り続ける限り、「一生払い続けるお金」です。「払い続ける」という意味では、家の購入は「期限付きの支払い」という見方もできますよね!

将来の不安

 家の購入をしたときから、「返済プランを決められる」と将来の不安を感じる人もいます。「ずっと健康で払い続けることができるかな」「病気になったらどうしよう」…

住宅ローンに不安はつきものです。ですが、生きている限り私たちは「賃貸でも持ち家でも住宅というものに必ずなんらかのお金を支払う」必要があります。

新築戸建てに関しては、「団体信用生命保険(団信)」というものがあります。これは、一家の大黒柱である契約者が万が一なくなったり、高度の障害によって返済ができなくなっても、保険金からローンを返済できるというものです。ローンの残高はゼロになるので、遺された家族も返済する必要がなく家族が家に住むことができます。賃貸の場合は、家を借り続ける限り家賃を支払う必要があるので、この点は大きな違いですよね!

まとめ 

 いかがでしたか?今回は家を購入したい(理想の家を建てたい)若い夫婦の悩みについてお話ししました。家の購入は金額が高額なので、躊躇しますが、悩みはみんな同じです。多くの情報を集めて、あなたにぴったりのお家を建ててくださいね!

ほっとくつろぎ家の新築戸建は、埼玉・千葉で家をお探しの20代−30代の子育て世代に自分たちに合った家をご提供するためにアドバイザープランをご用意しました!もし、あなたが埼玉や千葉に新築戸建を考えているならば、ぜひ、ほっとくつろぎ家にご相談くださいね。

【 他のブログはこちら 】

埼玉と千葉を中心に、賃貸で家賃8万円はもったいないと考える20代から30代の子育て世代の方々に、新築戸建てを建てるためのサポートを提供しています。不動産の豊富な経験と専門知識を活かし、住宅ローンのご提案から予算内で理想の住宅を実現するための助言やアドバイスを行います。また、土地選びから建築プロセスの管理まで、丁寧にサポートし、お客様が安心して新しい生活をスタートできるお手伝いをします。子育てという大切な時期でも、月々の支払いが賃貸家賃と同じ金額で新築戸建に住むことができます。将来を見据えた家族のための安全で快適な住まいを手に入れるお手伝いができることを心から楽しみにしています。

もしこの投稿がお役に立てたら、
シェアしていただければ嬉しいです♪

Facebook
Twitter
Pinterest
Email
【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】ロゴ

新着戸建てブログ

今すぐ視聴
省エネ基準適合住宅_ほっとくつろぎ家

今の家賃を変えずに
もっと広い家で
のびのび子育てをする方法

今の家賃を変えずに

もっと広い家で
のびのび子育てを
する方法

©️ ほっとくつろぎ家 All Right Reserved 2023