ほっとくつろぎ家ロゴ【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】

不動産仲介手数料って何?3,000万円の住宅購入でいくら?

仲介手数料とは【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】

不動産仲介手数料って何?

こんにちは、ほっとくつろぎ家です。住宅を購入する時、不動産仲介手数料というものがあるのをご存じですか?住宅購入における仲介手数料は、あなた(買主)と住宅を売る側(売主)を結ぶ役目をした不動産会社がもらうお金になります。
実際に住宅を購入する時は、住宅と土地の値段だけに目が行きますが、この仲介手数料というお金もきちんと頭に入れておくと、住宅をお得に購入できるヒントになりますよ!ぜひ最後まで読んでみてください!

目次

不動産仲介手数料って何?

不動産仲介手数料・誰が払うの?   

 住宅を購入する時、または売約する時(不動産売買)には不動産会社に仲介手数料を支払います。仲介手数料を支払う人は、売主・買主の両方で、不動産会社成功報酬として支払います

不動産会社の仕事は、家を売りたい人と買いたい人を繋げて、契約を成立させることが仕事です。そのために、チラシを作ったり、広告を出したりしています。いわゆる仲介サービスになります。

仲介手数料というと、賃貸ではよく聞く話ですが、住宅を購入する時には、なかなか表にでてこない金額なので、「仲介手数料ってあったの?」と、実際の契約のときに改めて確認することもありますよね。

不動産仲介手数料・いつ支払う?

 住宅購入・または住宅の売却で、不動産仲介手数料を支払うタイミングは「一般的には契約時と引っ越しの時」の2回に分けて払います。

不動産会社の中には、一括で支払うケースもありますので、支払いのタイミングは一度、担当の不動産会社に聞いてみましょう!

一度に多額のお金が動きますので、住宅購入の資金も考えて計画的に住宅を手に入れたいですよね!

不動産仲介手数料・3000万円の家ならいくら必要?

 不動産仲介手数料といえば、「賃貸の場合は、家賃が基準」になって決められています。例えば家賃の0.5ヶ月〜1ヶ月など、シュミレーションをしやすいですが、実際の住宅購入に関してはどうなっているのでしょうか?

その前に、仲介手数料は、宅建業法(宅地建物取引業法)という法律で上限額が決められているということを知っておきましょう。

仲介手数料は住宅価格によって変わります。住宅の価格帯も3つの段階に分けられていますが、多くの住宅は400万円を超えていることがおおいですね。計算のイメージは以下のようになります。

仲介手数料とは【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】

では、実際に
住宅価格3,000万円の新築戸建住宅でシュミレーションしてみましょう。

新築戸建
住宅価格:3,000万円 の場合

仲介手数料とは【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】

これらを足すと
– 200万 x 5% = 10万円 (上記の緑)
– 200万 x 4% = 8万円(上記の赤)
– 2600万 x 3% = 78万円(上記の3%

合計 96 万円となります。これに消費税10%を加えて、

96 万円 x 1.1= 105万6,000円です。

ただ、これは計算がややこしいので、400万円を超える物件については
以下の式が用意されていて、とても便利です。価格は同じになります。

🟠不動産仲介手数料の速算式

(土地+建物(税抜価格)x 3% + 6万円 )+消費税 10%

結果:3,000万円の物件に関しては、
仲介手数料:1,056,000円 になります。上の計算と同じ金額ですね!

改めて見ると、住宅を購入する時には場合によっては、
100万円以上の仲介手数料にもなるので、資金計画も大切になることがわかると思います。 

不動産仲介手数料は値引きあり?

仲介手数料の上限を知ろう

仲介手数料とは【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】

 不動産仲介手数料には上限が決められています。不動産売買、つまり住宅を購入したい人の立場からすれば、400万円を超える金額であれば、

不動産売買価格 x 3%+ 6万円+消費税になります。先ほどの3,000万円の物件に関していえば、105万6,000円が仲介手数料の上限になります。手数料の上限も法律できめられているので、ご自分であらかじめ知っておくことも大切ですね!

不動産仲介手数料を値引きって書いてあったけど本当?

 仲介手数料に関しては、上限が決められているけれども、固定金額や下限金額が決められているわけではありません。不動産会社によっては、値引き・割引として交渉してくれるところもあるかもしれません。

もし、仲介手数料が安くなる場合は、仲介手数料が安くなる理由をきちんと聞いておくことをお勧めいたします。住宅の質や内容、立地条件にも問題がなく、ただサービスで値引きしてくれる場合もありますが、クレームにつながることもありますのでご紹介しておきます。

 仲介手数料が安い場合に気をつけておくべきポイント

  1.  担当者が実は不動産取引のプロではない
       (ローンの提案や、アドバイスが十分ではない場合は注意)
  2. 営業マンにやる気がない。
  3. 仲介手数料以外の諸費用でお金をもらおうとする。
      (契約書類作成費用・住宅ローン代行手数料などの項目あり )

 とくに、住宅を購入する時は、決断の連続ですので、契約書の内容などを十分に理解する余裕もないままに、なし崩しにハンコ・サインを押してしまうこともあると思います。

トラブルに巻き込まれてあとで後悔しないように、十分納得できる内容で住宅を購入したいですね!

不動産仲介手数料の返金って可能ですか?

 仲介手数料は契約が成立したあとに仲介業者から売主や買主に請求されるものですが、もし、契約が解除になった場合は、どうなるのでしょうか。
契約解除になることで、いままで売主と買主を仲介していた不動産会社への手数料にも影響がでます。

大切な考えの一つとして、ここには、3つの柱が立っているということを理解しておきましょう!

仲介手数料とは【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】
 ただ、契約を解除したといっても内容によっては、仲介手数料は、仲介として貢献した部分を考えると「全額返金になるというわけではありません。」 契約書にサインする前に契約書をよく読み、仲介業者の説明を聞いてどんな場合でも慌てずに対処できるといいですね。

ほっとくつろぎ家が住宅購入にお役に立てるわけ

 ほっとくつろぎ家では、住宅を購入したいけど、一歩踏み出せないかたのために様々なお悩みにお答えしています。「この住宅が気になっているのだけど」と、一般公開されている他社物件に関しても、「あなたの家族にとって一番合う家」をプロの目からアドバイスしています。

一度、不動産会社に行くと「しつこくてツライ」「何かと契約をせかされる!」「プレッシャーになるから嫌だ」という方もいらっしゃいます。

私たちは、無理のない返済プランからまだ公開されていない住宅情報までご案内しています。ぜひお気軽にご相談くださいね!

まとめ 

 いかがでしたか?今回は、仲介手数料についてのお話でした。住宅の初期費用の一つである仲介手数料は、意外と抜けがちです。自分たちが居心地よく過ごせる家のためには最終的にどれだけの費用が必要なのかをきちんと把握できる一つになれば嬉しいです。

 ほっとくつろぎ家では、住宅の間取りから金融期間の相談まで専門的なアドバイスを行っています。いま、あなたは気になる物件がありますか?埼玉・千葉を中心として不動産物件について、「本当のところどうなの?」「どこを中心にみたらいいの?」「いろんな物件をみているけどどれがぴったりかわからない」

そんな悩みをおもちでしたらぜひお気軽にお問い合わせください!

【 他のブログはこちら 】

埼玉と千葉を中心に、賃貸で家賃8万円はもったいないと考える20代から30代の子育て世代の方々に、新築戸建てを建てるためのサポートを提供しています。不動産の豊富な経験と専門知識を活かし、住宅ローンのご提案から予算内で理想の住宅を実現するための助言やアドバイスを行います。また、土地選びから建築プロセスの管理まで、丁寧にサポートし、お客様が安心して新しい生活をスタートできるお手伝いをします。子育てという大切な時期でも、月々の支払いが賃貸家賃と同じ金額で新築戸建に住むことができます。将来を見据えた家族のための安全で快適な住まいを手に入れるお手伝いができることを心から楽しみにしています。

もしこの投稿がお役に立てたら、
シェアしていただければ嬉しいです♪

Facebook
Twitter
Pinterest
Email
【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】ロゴ

新着戸建てブログ

今すぐ視聴
省エネ基準適合住宅_ほっとくつろぎ家

今の家賃を変えずに
もっと広い家で
のびのび子育てをする方法

今の家賃を変えずに

もっと広い家で
のびのび子育てを
する方法

©️ ほっとくつろぎ家 All Right Reserved 2023