ほっとくつろぎ家ロゴ【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】

アフターコロナの最新 - 住宅事情2024

アフターコロナの住宅事情2024【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】

 こんにちは、ほっとくつろぎ家です。
アフターコロナで、感染対策も徐々に日常のことになってきましたが、住宅ではアフターコロナでどのような変化があったのでしょうか?手洗い・収納・宅配ボックスなど、アフターコロナで徐々に普及してきた内容をご紹介します。これから新築の購入を検討している方は、ぜひ、省エネや最新トレンドに合わせて、感染対策や非常時の対策などを兼ね備えた住宅設備も知っておきましょう!

目次

アフターコロナで変化した間取り

アフターコロナ・ウィズコロナも日常の言葉になってきました。一時期、人との接触を避けるために、外出を控えたり、働き方も大幅にかわりましたよね。

では住宅はそのアフターコロナの煽りを受けて、どの様に変化したのでしょうか?
住宅トレンド2024の内容も合わせながら、見ていきましょう!

【手洗いスペース】大人も子供も玄関で手洗い

アフターコロナの住宅事情2024【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】

 これまで、手洗いといえば脱衣場にある洗面所や、キッチンのシンクまで行かないと「手洗い・うがい」ができない家が多かったのですが、最近の新築戸建には、玄関の近くに手洗い場を設ける家も増えてきました。

これはアフターコロナによって変わった住宅事情の中でも特徴的。

手洗いスペースといっても洗面化粧台というような立派なものではなく、台とシンクと排水という様な、簡易なものが多いようです。外から帰ってササっと手を洗う習慣が大人も子供にも当たり前のことになりますね。

洗面の幅としては60センチ程度の小さな洗面台もあります。

【24時間換気】今後は標準装備になる?

 コロナの時は、寒くても「換気のために」と窓が空いていることが多かったですよね。
空気がこもりがちになると、感染を広めたりすることもあるので、換気はとても大切です。とはいうものの、花粉などの季節では、「ずっと窓を開けると苦痛」な人もいます。

一方でアフターコロナの影響とともに、最近の省エネ対策の一貫で、気密性・断熱性を重視した家が増えてきています。

気密性と断熱性の効果が高い家は、夏涼しくて、冬暖かいという利点がありますが、その一方で、24時間換気が必要になっています。

「自分の家はすきま風があるから自然と換気できている!」という人もいますが、すきま風がある家は快適な環境とは言えませんよね。

また24時間換気では、フィルターを通して換気をしているので、排気ガスや花粉を含んだ外気がそのまま入ってくるというわけではありません。

省エネ機能を備えつつも、アフターコロナで大きく見直されている24時間換気はこれからの住宅には必須条件になってきそうですね。

【テレワーク】できる場所は大事

 アフターコロナをきっかけに自宅での仕事に切り替えたり、新しく自宅での仕事を始めたりする方が多くなってきました。この影響で、自宅にテレワークができるワークスペースを確保したり、リビングの一角に仕事ができる小さなスペースを設けたいという人は増えています。(こちらの記事も読まれています>)

これはアフターコロナの特徴の一つです。また、単なるテレワークや書斎の場所ではなく、大人のプライベートスペースの一部としても活用している方は多いのではないでしょうか?

突然のWeb会議などで映る背景が気になる方も、ワークスペースがあれば、雑多な日常の様子を見られることなく安心して仕事ができますよね。

【ウッドデッキ】生活の質をあげてくれます

アフターコロナの住宅事情2024【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】

 アフターコロナで変わった住環境の変化の一つとして、ウッドデッキなどによるリビングの拡張性や、お日様に当たることができる野外環境(ウッドデッキや屋上スペース)へのニーズもあります。

ヒューマン・データ・ラボラトリ株式会社が行った医師1000人に行った調査では、「心の不調を訴える患者はコロナ前より増加した」という回答が96%以上だったとしながら、その心の不調の理由として、TOP3は「コミュニケーション不足」「職場環境」「家庭環境」が占めています。さらに、住環境へのニーズの側面からは、リクルート社が行った「コロナ禍を受けた『住宅購入・建築検討者』調査(首都圏)」によると、仕事・感染対策などによるニーズが高いものの、

✅「広いリビングが欲しくなった」
✅「日当たりのよい住宅が欲しくなった」
✅「屋上やバルコニーがほしくなった」

 など、なんとか家の中を居心地を良くしたい!というような生活の質をあげたいという欲求」が出ていることも見逃せません。

 これらの欲求を満たしてくれる一つがウッドデッキになります。窓を開ければリビングに続くウッドデッキが広がっていて、まるでリビングが広くなったような印象も受けます。お天気の良い日は日向ぼっこもできますよね!

アフターコロナで新たなトレンドが増えた

アフターコロナによって住宅のトレンドは変化しました。特に「人との接触」という点でも大きく変化があるので、一緒に見ていきましょう!

【宅配ボックス】 不要な接触も避けつつ便利に  

 コロナ禍で、人との接触を避けると同時に不要な外出を控える様になった反面で、多くの人が日用品や食品をネットで購入することが増えましたよね。実際にコロナ禍ではネット購入する方が爆発的に増加しました。

宅配が増えるにしたがって、伸びてきたのが「宅配ボックス」です。マンションではよくある「宅配ボックス」ですが、戸建てへの普及はコロナ禍をきっかけにアフターコロナでも需要が伸びています。宅配を受け取る時間を指定しなくても、安全に荷物を受け取れるのはありがたいですよね!

アフターコロナの住宅事情2024【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】

 とは言っても、まだ戸建てへの普及率は26.6%程度です。置き配もいいけど、「やはり荷物は安全に受け取りたい方」には戸建てに備え付けられた宅配ボックスは今後重要なポイントになりそうですね。

【収納】非常時の備えはここでストック

 コロナ禍・アフターコロナによって収納に対する考え方も変わってきました。LIFULL SPACE(ライフルスペース)の調査(*)によると、「コロナ以前に比べて自宅のモノが増えたどうか」を質問したところ、25.3%の人が「はい」と答えています。
 最も多かったのが「日用品や食料品などのストック」の58.1%で、以下「子供が使うもの(おもちゃ、書籍など)」「家電」がともに22.5%、「書類」が20.2%などで続いています。
「非常時に買い物に行けない。」「外出できない。」「いざという時のストックがな」いというのは、家族を守る立場としては、ヒヤっとしますよね。これらを解決するために収納のスペースを確保したいかたは増えてきています。

とはいうものの、これ以上家の間取りを広げられない!という方もおられますよね。
そんな時は自宅で解決せずに「レンタル収納」という方法もあります。ものが多すぎて家が手狭に感じる方は結構多いのですが、コンパクト化がトレンドになっている2024年の傾向を踏まえると、(前回のブログを参照)家の中だけで全てを抱え込まずに、レンタルも活用しながら自宅は広々とした居住空間を保ち、快適に過ごせる方法を見つけることもできます。

チェックシート:これからの住宅チェック

 アフターコロナの住宅への影響として、たくさんの項目を説明してきましたが、ここで、まとめておこうと思います。ぜひ、このページを ブックマーク⭐️して、何度も見返して見てくださいね

<アフターコロナで変わった住宅環境のトレンド>
アフターコロナの住宅事情2024【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】

まとめ 

いかがでしたか?今回はアフターコロナで変化した住宅事情のお話でした。数年前のコロナ禍の時はとても大変でしたよね。この時に感じた物資の調達や日々の感染対策などの大事なことは、今後の住宅の質もあげてくれます。家族がより安全に健康で快適に過ごせる家を作りたいですね!

ほっとくつろぎ家の新築戸建は、誇れる家をご提供することをモットーにして20代−30代の子育て世代に新築戸建をご提供しています!もし、あなたが埼玉や千葉に新築戸建を考えているならば、ぜひ、ほっとくつろぎ家にご相談くださいね。

【 他のブログはこちら 】

埼玉と千葉を中心に、賃貸で家賃8万円はもったいないと考える20代から30代の子育て世代の方々に、新築戸建てを建てるためのサポートを提供しています。不動産の豊富な経験と専門知識を活かし、住宅ローンのご提案から予算内で理想の住宅を実現するための助言やアドバイスを行います。また、土地選びから建築プロセスの管理まで、丁寧にサポートし、お客様が安心して新しい生活をスタートできるお手伝いをします。子育てという大切な時期でも、月々の支払いが賃貸家賃と同じ金額で新築戸建に住むことができます。将来を見据えた家族のための安全で快適な住まいを手に入れるお手伝いができることを心から楽しみにしています。

もしこの投稿がお役に立てたら、
シェアしていただければ嬉しいです♪

Facebook
Twitter
Pinterest
Email
【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】ロゴ

新着戸建てブログ

今すぐ視聴
省エネ基準適合住宅_ほっとくつろぎ家

今の家賃を変えずに
もっと広い家で
のびのび子育てをする方法

今の家賃を変えずに

もっと広い家で
のびのび子育てを
する方法

©️ ほっとくつろぎ家 All Right Reserved 2023