ほっとくつろぎ家ロゴ【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】

【住宅ローン】借りれるお金・借りるべきお金 は違う

住宅ローンの返済負担率とは【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】
こんにちは、ほっとくつろぎ家です。家の購入で絶対に必要になるのが、資金ですよね。多くの人は住宅ローンを使って住宅を購入しています。今回は、住宅ローンの借入に必要な返済比率などに注目して、あなたが借りることができるお金を知りながら、「借りるべきお金(負担のない返済)」の違いについても見ていきましょう!
目次

【住宅ローン】借りれるお金・借りるべきお金 は違う

 住宅を購入するときにとても気になるのは、住宅の価格ですよね。一体自分の家族はいくらの住宅を購入できるのか、気になります。住宅購入金額は、年収や返済比率というキーワードが大事になってきます。また、借りることができるお金と、借りるべきお金は違います。無理なく素敵な家を購入するために「一体いくらの住宅ローンがぴったりなのか」知っておくと安心です。

住宅ローン・借りれる金額はいくら?

 住宅は人生でも大きな買い物の一つ。多くの方は住宅ローンを組んで購入することが多いですよね。では、今実際にどんな年収の人が、どれくらいの金額の家を購入しているのでしょうか?住宅金融支援機構(2022年度フラット35利用調査)の行った調査から見ていきましょう。

住宅ローンの返済負担率とは【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】

この表から「年収の5倍〜7倍」の住宅を購入していたことがわかりますね。年収倍率についても説明していきますね!

住宅ローンの年収倍率って何?

 年収倍率は、住宅ローン審査でもとても大切な指標の一つで、家の購入者の世帯の年収と物件購入価格の比率を表したものです。

具体的に見ていきましょう!例えば、年収500万円の人が3250万円の物件を購入する時は、

3250万円 ➗ 500万円 = 6.5 倍

となり、年収倍率は6.5倍と計算することができます。

 あなたの世帯年収ではどれくらいのローンが借入できるでしょうか?ぜひ計算してみてくださいね!

世帯年収がよくわからない場合

 年収倍率で大体、購入する物件の目安の金額がわかったところで、実は世帯年収っていくらだったっけ?と考えませんか?

もし、自分の年収を調べるにはどこをみたらいいの?という方は、まず、会社からもらっている源泉徴収票をみてみましょう!(下記の「支払い金額」の欄が年収になります。

住宅ローンの返済負担率とは【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】

 もし、源泉所得票は持っていなくて、確定申告をしている方の場合は「所得金額の合計」が年収になります。*「給与所得」ではありません。

住宅ローンの返済負担率とは【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】

【住宅ローン審査】返済比率が非常に重要

返済比率とは?

 返済比率(返済負担率ともいう)は、年収倍率と共に住宅ローン審査で非常に重要になっています。返済比率の意味は、年収に占める年間返済額の割合のことです。具体的にどういうことかというと、「毎月返済する金額」が年収のどれくらいを占めているのかとということになります。もし返済比率が大きいと、稼いだお金の多くが返済に当てられ、生活が苦しくなることも予想されます。

住宅ローンは早く返したい!と思うかもしれませんが、無理な返済金額を設定してしまうと、家計を圧迫して、最終的には返済が不可能になることもあるかもしれません。

自分たちの年収やライフスタイルから、返済比率を無理なく設定して住宅ローンを組むことが大切になります。

返済比率がローン審査に非常に重要

 返済比率は住宅ローンのために、お金を貸してくれる金融機関この比率を使って審査をします。
もし、住宅購入以外にも借入がある場合は、全てをひっくるめて計算されることになります。
返済比率の理想は20%〜25%程度とされています。もちろん金融機関によっては、
「借りられる金額の上限」として30−40%をとするところもありますが、これは世帯によっては家計を圧迫しかねません。

ここで返済比率がどのように計算されているのか具体的な例に当てはめてみておきましょう!
年収500万円の方が、毎月10万円を返済に当てる場合返済比率は以下のようになります。

返済比率
 「年間返済額 ÷ 年収 × 100」
 (10万円 x 12ヶ月)÷ 500万円 ×100=返済率24% 

返済比率に大きな影響をもたらす3つのポイント

返済比率を計算するときは、実は3つ抜けやすい点をチェックしておく必要があります。 それは、

1 住宅ローン以外の返済をチェックしておく。

住宅ローン審査では、住宅ローン以外の借入もチェックされます。例えば自動車やバイクのローンやスマートフォン端末の分割払い、教育ローンもこれに当てはまります。
毎月、知らない間に引き落とされている少額のお金もきっちり審査に影響しますので一度、しっかり洗い出しておきましょう。

2 ペアローンで組むときは注意が必要

住宅ローンは夫婦共働きでしっかりお金を返していきたい!というかたもいるかもしれません。「ダブルインカム」で住宅ローンを返済している時は問題ない時も、「子供ができたら仕事をやめる」「転職」「予期しない病気」など、人生には色々想定していなかったこともおきます。

どちらかの収入が減った時でも、無理なく返済が続くようにしたいですね。

3  住宅ローン審査の他の項目も重要

返済比率は、大事な「住宅ローン審査項目の一つ」ですが、審査項目は返済比率だけではありません。また、審査に落ちても何が悪かったのか、金融機関は教えてくれません。

先ほどもあった年収倍率や、ローンの完済年齢も重要になっています。退職後の負担も考えながら、慎重に逆算していくことも重要です。

まとめ 

 いかがでしたか?今回は、住宅ローン審査で重要とされている【返済率とは?】住宅ローンの借りるべき金額とは?についてお話しました。住宅購入は資金計画がとても大切です。世帯の年収にあった家選びも今後、快適な生活を送るためにはとても大切ですよね。

ほっとくつろぎ家では、住宅の間取りから金融期間の相談まで専門的なアドバイスを行っています。いま、あなたは気になる物件がありますか?埼玉・千葉を中心として不動産物件について、「本当のところどうなの?」「どこを中心にみたらいいの?」「いろんな物件をみているけどどれがぴったりかわからない」そんな悩みをおもちでしたらぜひお気軽にお問い合わせください!

【 他のブログはこちら 】

埼玉と千葉を中心に、賃貸で家賃8万円はもったいないと考える20代から30代の子育て世代の方々に、新築戸建てを建てるためのサポートを提供しています。不動産の豊富な経験と専門知識を活かし、住宅ローンのご提案から予算内で理想の住宅を実現するための助言やアドバイスを行います。また、土地選びから建築プロセスの管理まで、丁寧にサポートし、お客様が安心して新しい生活をスタートできるお手伝いをします。子育てという大切な時期でも、月々の支払いが賃貸家賃と同じ金額で新築戸建に住むことができます。将来を見据えた家族のための安全で快適な住まいを手に入れるお手伝いができることを心から楽しみにしています。

もしこの投稿がお役に立てたら、
シェアしていただければ嬉しいです♪

Facebook
Twitter
Pinterest
Email
【埼玉県・さいたま市・千葉県の新築戸建て:ほっとくつろぎ家】ロゴ

新着戸建てブログ

今すぐ視聴
省エネ基準適合住宅_ほっとくつろぎ家

家族の新しい物語を作ろう

【関東圏 限定】

いま検討中の物件が
「100万円くらい」安くなるかも?

いま検討中の物件が
「100万円くらい」
安くなるかも?

©️ ほっとくつろぎ家 All Right Reserved 2023